置賜紬、米沢織

置賜紬(おいたまつむぎ)(山形県)
米沢紬の草木染(米沢市)、緯総絣(よこそうがすり)の長井紬(長井市)、板締め絣の白鷹紬(白鷹町)の技術を持つ12社が集まり、新たに置賜紬伝統織物協同組合を発足。すべて糸を先染めし、平織りにて織り上げる手間のかかる紬です。
置賜紬
それぞれの地で別々に発展した紬を、ひとつの名称に統合した経緯をふり返ります。山形県 商工労働観光部
東北の伝統的工芸品ホームページ
東北経済産業局
置賜紬
青山スクエアより
置賜紬
置賜紬伝統織物協同組合
「草木染」は見分けられる? 紅花紬の場合・前篇
「草木染」は見分けられる? 紅花紬の場合・後編
松木茂・松木呉服店ブログより

<米沢紬>
[新田]
(株)新田・新田英行
それまでまったく廃れていた紅花染めを、その栽培から復活させたのが、新田秀次。現在は子息の新田英行氏によりその工房が引き継がれています。
地域の色たちが織り成す美・染織家 新田源太郎
nakata.netより
新田機業さんを訪問
paranさんより
株式会社新田を見学
C3さんより

紅花染 草木染担当 末野 隆英さん

[野々花染工房]
野々花染工房(有)
自然の草木・花を用いた米沢の草木染
野々花染工房(有)・諏訪好風、諏訪豪一
nakata.netより


[山岸幸一]
山岸幸一
草木染めひとすじ
ひとつひとつ違うからこそ魅力がある・山岸幸一
nakata.netより
糸も染料も自分で作り出す究極のきもの 赤崩紅花紬・山岸幸一
草木染織家 山岸久子
明日への扉より


玉虫正直さんの きものとしな糸帯・玉虫工房
紙布、しな布やぜんまい織等の第一人者です。

(有)わくわく舘
米沢織の手織りと紅花染め体験が気軽にできる染織工房。
染織工房わくわく舘・齋藤勝廣
(株)布四季庵ヨネオリ
米沢卸業3社が合併。置賜紬、古代布、全国の紬などを扱う。


<長井紬>
平織の絹織物。現在ではわずか六件の機屋さんのみがこつこつと織り上げております。
長井織物・長岡正幸
独特の糸使いが紡ぎ出す風合い・長井紬 長岡正幸
nakata.netより

渡源工房・渡邊徹
ふさ結びを施したテーブルセンター、手芸用はぎれ

斎藤織物・斎藤俊弘
得意な技法は、擦り込み加工、ぼかし加工
斎藤俊弘


<白鷹紬>
小松織物工房・小松紀夫
板締めの絣による染色が特徴です。
数少ない染織技法を持つ・白鷹紬 小松紀夫 小松寛幸
nakata.netより
野生種の天蚕の繭から取れ、「繊維のダイヤモンド」とも呼ばれる貴重な糸を使います。

(株)白たか織

白たか織・佐藤新一




<米沢織>
米沢繊維協議会
出羽の織座 ・米澤民藝館
原始布・古代織参考館。失われた古代の布を蘇らせるため、初代館長 山村精(まさし)が参考とした資料、収集した衣、布、織機、編具を展示。

[織路助左衛門]
(有)織路助左衛門
(有)織路助左衛門・馬下昭一
草木染紬・紅花紬
助左衛門のページ

[近賢織物]
宝来屋・近賢織物(有)
角帯を織り続けて100年
宝来屋ブログ


[鈴源織物]
鈴源織物(有)
絽・紗等盛夏物と 袴地。殿方衣裳を「男の美学」としてトータルにラインナップ。
鈴源織物(有)・長根英樹
訪問レポート
鈴源織物・夢小路 織絵夢人館


山形県米沢織物歴史資料館・(株)織陣
米沢織の直販店。米沢織物歴史資料館も併設。
阿部産業(株)
米沢織神尾織物と産官の共同研究「HAKAMA-JI 再考プロジェクト」。はかま地を素材とした室内履き。
織元山口
緞帳、舞台幕、ステージ幕、宗教織物、祭事用織物の専門工房です。
福壽織・福田織物工業(有)
男性用きものと袴の仕立

佐隆繊維(株)
婦人服地織物
田屋織物工房
銀座田屋のオリジナルネクタイ
(株)白根沢・白根沢義孝
創業250年 米沢 白根沢織元

那須野織物(有)
ネクタイ生地が主体
行方(なみかた)工業(有)
駒ぼかしコート地、シルクウール
青文テキスタイル(株)
青文テキスタイル(株)
婦人服テキスタイルメーカー
(株)安部吉
“毘龍織”のブランド。なんでもこなせるテキスタイルの総合メーカー。

(株)嵐田絹織
小巾織物と広巾織物両方を生産販売しています。
(株)筬園
紅泥染
斎英織物(有)
斎英織物(有)
草木で染めた絹糸を、糸に優しい木製織機で織り上げています。

佐志め織物(有)
五百機織(いおはたおり)と名をつけました。

(株)東匠猪俣
小巾から広巾、ダブル巾まで


●写真をクリックすると詳細が表示されます。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://yfuku.blog38.fc2.com/tb.php/296-23e3b8f5
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

広告

日本各地の卓越したワザ、個性あるマテリアル、優れたデザインの製品が 見られるショールームです。

 

カテゴリー

結城紬
西陣織
藍染
笠間焼
益子焼
九谷焼
越前焼
美濃焼
常滑焼
信楽焼
伊賀焼
備前焼
石見焼
萩焼
唐津焼
小代焼
薩摩焼
津軽塗
会津塗
輪島塗
京漆器
桐箪笥
和箪笥
家具
樺細工
つげ櫛
すだれ
竹弓
茶筅
銀器
錫器
関刃物
機能紙
硯、墨
和楽器
提灯

広告

はじめに

ようこそ!ご覧頂きありがとうございます。 このサイトは、日本のものづくりにかかわるつくり手のサイトを中心に掲載しています。

福永 幸生

Author:福永 幸生

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


人気ブログランキングへ

カウンター


現在の閲覧者数:

バナー

ご自由にお使いください。

banner

ブログ内検索

リンク

広告

Copyright © 福永 幸生