大谷焼、砥部焼

大谷焼(徳島県)
「寝ろくろ」(一人が成形、一人が寝ころび足で蹴ってろくろを回す)を使用して成形するのが有名。
大谷焼
青山スクエアより
大谷焼陶業協会・大麻町商工会
大西窯・大西陶器・大西義浩(鳴門市)
藍染用藍甕や睡蓮鉢といった大物が特徴です。

大西陶園・大西久夫
睡蓮鉢、瓶、植木鉢
佳実窯・瀧野佳宏
植木鉢

元山窯・田村商事・田村陶芸展示館・田村栄一郎

陶業会館・梅里窯・森悦光

森陶器(株)・森行雄
大甕と睡蓮鉢。店舗は大谷焼の里で最大の面積を誇ります。

SUEKI CERAMICS・矢野陶苑
大谷焼窯元として一番古い歴史を誇ります。粘土に鳴門市大麻町の「大谷土」、釉薬に神山町の「阿波の青石」を使用しています。
sueki by KoichiroYano・矢野陶苑・矢野耕市郎


砥部焼(愛媛県)
柳宗悦らの指導を受け、大量生産から、手作り、手描きを重視した磁器の産地へと変わっていきました。
砥部焼
青山スクエアより
砥部焼協同組合
砥部焼窯元大全集
砥部焼伝統産業会館
とべやきコンシェルジュ
えひめ愛顔の観光物産館
白青
酔古堂
砥部焼ギャラリー紫音
砥部焼(歴史・特徴-もっと詳しく)

<松山>
梅乃瀬窯
梅乃瀬窯ブログ

和将窯
一正窯・濱岡正一
平成の淡黄磁を再現。シャープで上品な色合いの食器や茶器を作っています。

遊器工房

<北川毛>
砥部焼陶芸館
33の窯元によって構成されています。
大西陶芸
伝統的な美術品・花瓶からアートフルな日用食器まで。

森陶房

勝部製陶所
ヨシュア工房・竹西辰人
圭仙窯を引継ぎ、日用食器と生花用花器や花瓶をメインに作っています。

貞山窯・岩田製陶所
白磁に呉須で、主に唐草文様の絵付け。青白磁に春蘭の彫刻の器を主に作っています。

南光窯

緑光窯

禎山窯
山中窯

池本窯
もぐらの窯
4つの窯元から4人の陶芸家が集まり運営してます。
永立寺窯

えんどう窯・遠藤 裕人
白磁、青白磁が中心。

工房芥川
工房一夢

<五本松>
磁器発祥の地
砥部町陶芸創作館
竹山窯

五松園窯

緑風窯
きよし窯
磁器のほっこりと可愛いお雛様。

英峯窯

青芳窯
創作人形

勝山窯・勝山製陶所

正月窯
八瑞窯
輝山窯

金城窯

東窯
Ohigashi Alyne Official site

龍泉窯・池田富士夫

岡田陶房・岡田威

公水窯
春秋窯・工藤省治
砥部焼を代表する「春秋窯」
nakata.netより

西岡工房

広谷窯
満明窯
ひろき窯
元晴窯(げんせいがま)

博雲窯
緑風窯
泰山窯
砥部焼のお骨壷・泰山窯・村田葬儀社
風山舎

英峯窯・松谷英明

陶彩窯・長戸製陶所・長戸哲也
陶彩窯・長戸哲也
長戸純子さんの絵付け


<大南>
千山窯・砥部焼観光センター炎の里・(株)砥部焼 千山

梅山窯・(株)梅野精陶所
砥部で最も大きい窯元です。

栖山窯(せいざんがま)
客山窯
(有)すこし屋
砥部焼の若手窯元たちによる、ものづくり集団としての活動が出発点です。
松田窯
古砥部焼を意識した新しい砥部焼

白水窯
茶陶器を中心とした雅陶
里窯
招き猫
清月窯
雲石窯

曙山窯
常山窯
福幸窯・工房遊
陶房遊

江泉窯
青達窯
佐藤窯
陶房風


<広田>
中田窯
釉裏紅(ゆうりこう)という紅色の発色法を併用。レトロ調電灯笠

一海窯
つもる窯

<平井>
玄彩窯・河野玄容
有楽陶芸倶楽部
陶芸教室

(有)浜陶
自由が丘の砥部焼専門店  

●写真をクリックすると詳細が表示されます。

Comment

(編集・削除用)
管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://yfuku.blog38.fc2.com/tb.php/230-3c0a0f6e
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

広告

日本各地の卓越したワザ、個性あるマテリアル、優れたデザインの製品が 見られるショールームです。

 

カテゴリー

結城紬
西陣織
藍染
笠間焼
益子焼
九谷焼
越前焼
美濃焼
常滑焼
信楽焼
伊賀焼
備前焼
石見焼
萩焼
唐津焼
小代焼
薩摩焼
津軽塗
会津塗
輪島塗
京漆器
桐箪笥
和箪笥
家具
銀器
錫器
関刃物
機能紙
硯、墨
和楽器
提灯

広告

はじめに

ようこそ!ご覧頂きありがとうございます。 このサイトは、日本のものづくりにかかわるつくり手のサイトを中心に掲載しています。

福永 幸生

Author:福永 幸生

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


人気ブログランキングへ

カウンター


現在の閲覧者数:

バナー

ご自由にお使いください。

banner

ブログ内検索

リンク

広告

Copyright © 福永 幸生