「シンガポールデザイン×ジャパンクラフト展」のお知らせ

~シンガポール進出事例紹介と日本企業4社の挑戦~
kihara.jpg

OZONE4階のmonovaが3周年を迎える記念企画として、日本のモノづくり企業の海外進出事例を紹介します。地域の企業は国内のみならず、海外へその活路を求める企業も増えています。その成功事例の一つとして、シンガポールに進出した日本の企業4社の活動を紹介します。
・キハラ(有田焼)の豆皿
・能作(高岡鋳物)のペーパーウェイト
・松徳ガラスのグラス
・マルジューのティータオル
会場では、日本未発売の製品を初披露します。

会期 : 2014年7/31(木)~8/10(火)
会場 : monova gallery リビングデザインセンターOZONE 4階
主催 : Japan creation space monova
後援 :シンガポール大使館、Design Singapore Council

<連動セミナー>
「日本伝統産業が海外進出し、成功するまで」
[スピーカー]
・木原長正氏:(株)キハラ 代表取締役
・能作克治氏:(株)能作 代表取締役
・齊藤能史氏: 松徳硝子(株) 専務取締役
・増田和久氏:(株)マルジュー 代表取締役
・Edwin Low : Supermama ファウンダー
[コーディネーター]
・大谷啓介氏: KCmitF 代表

日時:8/1(金) 17:00~18:30
会場:OZONE8階 セミナールームA
参加費:1,500円

・エンファクトリーフェローの手掛ける海外進出支援プログラム (株)イード

広告

日本各地の卓越したワザ、個性あるマテリアル、優れたデザインの製品が 見られるショールームです。

 

カテゴリー

結城紬
西陣織
藍染
笠間焼
益子焼
九谷焼
越前焼
美濃焼
常滑焼
信楽焼
伊賀焼
備前焼
石見焼
萩焼
唐津焼
小代焼
薩摩焼
津軽塗
会津塗
輪島塗
京漆器
桐箪笥
和箪笥
家具
銀器
錫器
関刃物
機能紙
硯、墨
和楽器
提灯

広告

はじめに

ようこそ!ご覧頂きありがとうございます。 このサイトは、日本のものづくりにかかわるつくり手のサイトを中心に掲載しています。

福永 幸生

Author:福永 幸生

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


人気ブログランキングへ

カウンター


現在の閲覧者数:

バナー

ご自由にお使いください。

banner

ブログ内検索

リンク

広告

Copyright © 福永 幸生