硯、墨

文房四宝・墨
文房四宝・硯
書道あれこれより

雄勝硯(宮城県)
雄勝硯
青山スクエアより
雄勝硯生産販売協同組合

国内最大級の硯の産地・雄勝硯 遠藤市雄
nakata.netより
(株)和伝
玄昌石を裁断した際に生まれる割肌をそのまま活かしたお皿。
雄勝いしのわプロジェクト
東北工業大学
雄勝硯 復興プロジェクト

赤間硯(山口県)
赤間硯
青山スクエアより
山口県赤間硯生産協同組合

日枝玉峰堂
赤間硯の里・宝泉堂
硯製作工程~保管取り扱い、使い込んだ硯の復活方法まで。
玉弘堂・堀尾信夫
弘雲堂・下井唯石
くすのき製硯
岡村製硯所(下関)

赤間硯の里を見に行ってきました
Kazu-Life気ままに散策日記より
関 盛信

鈴鹿墨(三重県)
鈴鹿墨
青山スクエアより
鈴鹿製墨協同組合
伊藤亀堂・(有)進誠堂

墨職人・伊藤亀堂
十人十色の墨・鈴鹿墨 伊藤亀堂
nakata.net




<岩手県>
紫雲石硯
田河津字夏山から採掘される美しい紫色の石を用いています。
熊谷利夫(瑞泉)
瑞清硯房
瑞清硯房・熊谷清

紫雲石硯の熊谷瑞泉さん
赤間の紫金石とほぼ同じ石質になります。
佐藤幸雄
佐藤鐡治

<茨城県>
・小久慈硯(こくじすずり)
小久慈硯
小久慈硯(国寿石大子硯)・佐藤岱山
絶えていた大子硯を復活
国寿石・大子硯・大子硯工房「岱山」

国寿石大子硯工房「岱山」を訪ねて・・・
硬い粘板岩の中に黄銅鉱が鋒鋩として立っていて、力を入れなくても、墨がおろせるそうです。

<千葉県>
硯工房 海峰(流山)
国寿石硯

<東京都>
製硯師 青栁 貴史
明日への扉より
九段下 玉川堂
実用的な硯から、古硯、中国四大名硯(端渓、歙州、澄泥、洮河緑石)まで

<山梨県>
甲州雨畑硯製造加工業組合
峯硯堂本舗・雨宮峯硯

甲州雨畑硯
雨畑真石・硯匠庵
甲斐雨端硯・雨宮弥兵衛
心と向き合う硯の形「雨畑硯 雨宮彌太郎」
nakata.netより


<長野県>
龍渓硯・清泉堂

翠川堂硯店
自然石を割り作硯した共蓋硯

<滋賀県>
高島虎斑石硯
幻の近江高島虎斑石硯・福井正男

<奈良県>
奈良墨
奈良製墨組合
奈良墨の作り方、奈良墨の歴史
奈良の伝統工芸-墨-
YouTubeより。奈良市
奈良製墨・一心堂
菜種油よりの採煙
(株)木下照僊堂(しょうせん)
朱墨、印朱、朱液など朱専門の老舗
(株)呉竹
(株)古梅園
400年以上もの歴史があり、現在も宮内庁御用達の奈良墨を作り続ける世界のトップブランド。

古の画期的な墨の製法を守る「古梅園」
nakata.netより。菜種やゴマなどの植物油を燃やして煤を採る「油煙墨」
錦光園・長野墨延
(株)墨運堂
奈良墨、ゆび筆


<和歌山県>
那智黒硯
[仮谷梅管堂]
仮谷梅管堂
採石から加工までを行っています。
THE MAKING (214)硯(すずり)ができるまで
YouTubeより
那智黒石について仮谷梅管堂さんで学んできました

[山口光峯堂]
山口光峯堂
那智黒石を使用。
山口伊左夫
皇室献上硯をつくる「山口光峯堂」
nakata.netより。磨くと光沢を帯び黒く光り輝きます。

墨工房「紀州松煙」
彩煙墨は、日本伝統色が楽しめます。
猫印硯工房

<高知県>
昭和41年に再発見。
土佐端渓硯・硯屋・三原村商工会
土佐端渓硯・硯屋

<長崎県>
若田石硯 夢工房・原嶋千照(対馬)

芳秀堂・岩坂芳秀

広告

日本各地の卓越したワザ、個性あるマテリアル、優れたデザインの製品が 見られるショールームです。

 

カテゴリー

結城紬
西陣織
藍染
笠間焼
益子焼
九谷焼
越前焼
美濃焼
常滑焼
信楽焼
伊賀焼
備前焼
石見焼
萩焼
唐津焼
小代焼
薩摩焼
津軽塗
会津塗
輪島塗
京漆器
桐箪笥
和箪笥
家具
銀器
錫器
関刃物
機能紙
硯、墨
和楽器
提灯

広告

はじめに

ようこそ!ご覧頂きありがとうございます。 このサイトは、日本のものづくりにかかわるつくり手のサイトを中心に掲載しています。

福永 幸生

Author:福永 幸生

ご意見・ご感想はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:


人気ブログランキングへ

カウンター


現在の閲覧者数:

バナー

ご自由にお使いください。

banner

ブログ内検索

リンク

広告

Copyright © 福永 幸生